#イベントレポート【クメール語講座】その一言で、カンボジアに1歩近づく★~クメール語を話そう~ 

こんにちは!Sokha Cambodiaです!

2018年3月11日(日)、にTRAVEL HUB MIXさんでイベントを開催しました!

その名も【その一言で、カンボジアに1歩近づく★~クメール語を話そう~】です。

クメール語を日本で学べる貴重な機会!カンボジア人も参加し、学んだばかりの言葉を使って皆さん楽しそうに交流していました!

それでは、イベントの様子をお届けします!

 

講師のご紹介

ハン・マカラー/ HAN MAKARA
東京学芸大学大学院教育学研究科
国語教育専攻日本語教育コース 在籍
シェムリアップ出身
趣味:読書、旅行

<経歴>
2011年8月/ 王立プノンペン大学外国語日本語学科卒業
2011年8月~2015月3月/ 王立プノンペン大学外国語日本語学科日本語教師を務める
2012年10月/ 国際交流基金バンコク日本文化センターが実施した第44回日本語教育研修会に参加し、同研修会の過程を終了
2014年2月/『Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths Programme 2.0』に参加
2015年4月/ 東京学芸大学の研究生として留学
2016年4月~現在/ 東京学芸大学大学院教育学研究科在学
2016年10月~2017年7月/ 東京学芸大学クメール語講座講師
2016年1月~現在/ 公益財団法人国際理解支援協会の留学生が先生!教育プログラム講師」活躍中

シェムリアップ出身で現在は、東京学芸大学大学院の教育学研究科 国語教育専攻 日本語教育コースに在籍するマカラーさん。同大学では、クメール語講座講師としてご活躍されていた経験もおありです!

また、公益財団法人国際理解支援協会の『留学生が先生!』教育プログラムでも、講師として、カンボジアの文化を発信し日本の小・中学生や高校生の異文化理解を深めることに尽力されています。

 

コンテンツ①~クメール語講座~

マカラーさんの講座は、クメール語でのご自身の自己紹介から始まりました。

いきなり早口でクメール語を話されても、チンプンカンプン・・・。 「まずは、知らない言葉に触れる感覚を体験してほしかったのです!」とのこと。

マカラーさんの講座は、板書なし!全員参加型!

「はい、みなさんで言ってみましょう。」とひとりひとりを当ててくださるので、難しそうな言葉もすんなり覚えられました! この日はカンボジア出身の方にも参加者としてお越しいただき、カンボジア感を一層感じられました。 楽しい雰囲気の中、あっという間に1時間の講座が終わってしまいました。

 

コンテンツ②~交流会~

クメール語講座のあとは参加していただいたカンボジア人の皆さんとの交流会を開催しました。

皆さん早速勉強したクメール語でコミュニケーションを取ってくれました!カンボジア人の皆さんもとても日本語も上手で交流も大盛り上がり!最初はカンボジアについての話だったのが、気付いたらお互いのプライベートや世間話になっていて友達になれたような感覚でした。

本当に盛り上がりすぎていたので写真を撮り忘れました(笑)

ご参加頂いた方々からのコメント

  • 言葉を学ぶことで、今まで縁がなかったカンボジアという国への興味が湧いて、行ってみたいと思った。雰囲気も和やかで楽しいイベントだった。
  • ただ「学んで知る」だけではなく、互いにコミュニケーションを取る機会が適度に設けられていて良かったと思います。
  • 終始和やかな空気でとても楽しめました。カンボジアでチョルモイしたいですね!ありがとうございました。
  • とても楽しくほかの参加者の方々とお話しできて本当に楽しかったです!ありがとうございました!

ご参加頂いた皆さんから大変うれしいコメントを頂きました!とても満足頂ける内容だったようで良かったです!

マカラーさんからメッセージ

「参加者の皆さんが積極的に参加してくださって、とても授業がしやすかったです!クメール語で笑顔でコミュニーケーションを取る皆さんを見られて、とても嬉しかったです。たった一言でも外国語でやり取りすれば、お互い笑顔になれると感じませんか? これからも言語にチャレンジをするときは、明日を待つのではなく、(学んだことは)授業中にその場ですぐにいっぱい話しましょう!」

まとめ

マカラーさんのとても楽しい授業とご参加頂いた皆さんの積極的な姿勢でとても楽しいクメール語講座になりました!言語を学ぶときは、やっぱりまずは「学んだらすぐ使ってみること」が継続のコツだと思います。今回学んだクメール語を生かすべくぜひ実際にカンボジアにも行ってみてほしいです!ご参加頂いた皆さん本当にありがとうございました!!

 

【次回のイベント情報】

4/7(土) ドキュメンタリー映画『カンボジアの染織物』上映会

【イベント内容】
カンボジアが好きな方もそうでない方も必見です!
◇映画情報◇
<あらすじ>
内戦の影響で衰退しつつあったカンボジア伝統の染織物。京都の友禅職人であった森本喜久男は、カンボジアで荒地を開墾し、染織物を基幹産業とする村をゼロからつくり上げ、カンボジア伝統の染織物を発展させた。彼の活動は、「持続可能な村」「伝統文化の復活」など、近代文明のアンチテーゼとして様々なメディアから賞賛されてきた。
そんな森本だったが、末期ガンを患い、余命いくばくもないことを知る。確実に生の終わりに近づいていく森本。森本と村人を見つめ続けた眼差し(カメラ)は、それぞれの人生に隠された想いを浮かび上がらせていく。

映画FBページ:https://www.facebook.com/ikttmovie/
IKTT公式HP:http://www.iktt.org/
IKTT FBページ:https://www.facebook.com/iktt.kh/?ref=bookmarks

◇カンボジア伝統の絹織物展示・販売会◇
映画で題材となったカンボジア伝統の布を使った様々な製品を展示・販売いたします!

◇上映後のトークセッション◇
本作を監督した歌川達人と、国内外の映画監督へのインタビュアーとして活躍する本間順子のトークセッションがございます!

【日時】
2018年4月7日(土)
13:00~17:00

【場所】
株式会社パソナ JOB HUB SQUARE東京
1F TRAVEL HUB MIX
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2
https://goo.gl/vpzqmQ

[アクセス]
JR東京駅 日本橋口
東京メトロ 大手町駅 B8a出口
東京メトロ 日本橋駅 A1出口
東京メトロ 三越前駅 B2出口

【参加費】
2000円
※当日Facebookページに「いいね」で500円引き!

【タイムスケジュール】
13:00 会場OPEN&展示・販売会
14:30 映画上映開始
16:00 トークセッション

【出演者紹介】
■歌川達人
ドキュメンタリー映画監督。大学卒業後、東京にてフリーランスで撮影助手や助監督、ドキュメンタリー番組のADや取材デクィレクターなどでキャリアを積む。ドキュメンタリー映画『カンボジアの染織物』を監督。現在はフリーランスで映画や映像製作に幅広く携わる。

■本間順子
カンボジア語/英語 通訳・翻訳
東京外国語大学カンボジア語専攻卒業。2012年より映画の上映会や配信サイトの運営、TVドキュメンタリー制作の現場を経て、フリーランス通訳・翻訳。カンボジアをはじめ、国内外の映画人へのインタビューを行う。

【申し込み】※必須
応募フォームURL
https://docs.google.com/forms/u/4/d/1MUFr3qSbhfEheuw9V2TMwLl3c090tPrbEiH_b5EfpxI/edit?usp=drive_web
*定員60名

【運営】一般社団法人SokhaCambodia
【協力】パソナカンボジア部

 

次回もお気軽にご参加ください!

2016年8月創設。 ”好きからはじまるきっかけづくり”をキーワードに、メンバー全員がパラレルキャリアとして参画。カンボジアに関わる様々な"がんばり"を"人"にフォーカスして発信していきます。